menubtn

カリキュラム

カリキュラム

1年生

1年生は基礎作り
ドキドキワクワクな1年生 ドキドキワクワクな1年生♪
1年生では看護師という存在が、憧れから現実として実感できるようになります。
「看護とは何か?」「人間とは何か?」といった問いかけに対して考え、看護師としての基盤を作ります。
知識面では、人間の身体や病気についてなど医学の基礎知識を学びながら、専用教室「アーツルーム」での演習で看護に関する基礎的な技術を習得していきます。
授業科目 単位 時間 内容
基礎分野 科学的思考の基盤 情報科学 1 30 基本的コンピューター及びソフトの使用方法や看護研究に役立つ情報管理を学習する
倫理学 1 15 倫理とは何かを考え、専門職業人として責任ある行動の基盤を学習する
人間と生活、社会の理解 教育学 1 30 健康教育を実践するにあたって必要な教育についての基礎知識を学習する
心理学Ⅰ 1 30 看護の対象である人間を理解するために、人の行動の成り立ちや仕組みを学習する
人間関係論 1 30 グループダイナミックスや討議について、さらにカウンセリング技法について学習する
人間発達学 1 15 看護の対象である人間を一生発展し続ける存在としてその発達の特徴を学習する
社会学 1 15 普段あまり意識することのない私たちの「あたりまえ」をいつもとは違う「別の視点から気にしてみる
英語Ⅰ 1 30 一般的にも医学的にも非常に汎用されている英語を通して言語的コミュニケーションの重要性を学習する
専門基礎分野 人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 1 30 看護学を学ぶための基礎として、身体の概略(骨格・関節・筋系・皮膚)、生体防御について学習する
解剖生理学Ⅱ 1 30 看護学を学ぶための基礎として、主に呼吸・循環及び消化器系について学習する
解剖生理学Ⅲ 1 30 看護学を学ぶための基礎として、神経系・内分泌・泌尿器・生殖器系・感覚器系について学習する
栄養生化学 1 30 健康や治療の為の栄養の役割を理解し、各栄養素について詳しく学習する
臨床栄養 1 30 食事療法の実際を調理実習を通して学び、栄養管理について学習する
疾病の成り立ちと回復の促進 微生物学 1 30 免疫のメカニズムについて学び、感染症についての知識を深める
病理学総論 1 30 病気の原因やメカニズム、病理について学習する
薬理学 1 45 薬物のメカニズムや特徴、副作用、薬物の取り扱いや管理について学習する
疾病論Ⅰ
(呼吸器・循環器疾患)
1 45 呼吸器と循環器の代表的な病気について学習する
疾病論Ⅱ
(消化器、内分泌代謝疾患)
1 45 消化器と内分泌の代表的な病気について学習する
疾病論Ⅲ
(腎泌尿器、血液、女性生殖器疾患)
1 30 腎泌尿器、血液、女性生殖器の代表的な病気について学習する
健康支援と社会保障制度 公衆衛生学 2 30 病気の予防、寿命の延長、健康の増進を図るための共同社会の組織的な取り組みを学習する
専門分野Ⅰ 基礎看護学 基礎看護学概論Ⅰ 1 45 看護とは?健康とは?等、今まで漠然と捉えていたものを一つ一つ考えていく
基礎看護学概論Ⅱ 1 15 看護を実践するうえで活用する看護理論を学ぶ(ロイ適応理論)
基礎看護学方法論Ⅰ 1 30 体温・脈拍・呼吸・血圧の測定方法を学習する
基礎看護学方法論Ⅱ 1 15 食べることの大切さと、その援助方法について学習する
基礎看護学方法論Ⅲ 1 30 排尿や排便のしくみとその援助方法を学習する
基礎看護学方法論Ⅳ 1 30 ベッドメーキングや寝たままでのシーツなどの交換、一人で動くことができない方の移動方法などを学習する
基礎看護学方法論Ⅴ 1 45 健康を保つための清潔の方法と、感染予防のための手洗い法や消毒された物品の取り扱い方法を学習する
基礎看護学方法論Ⅵ 1 30 薬の飲ませ方、注射の仕方について学習する
基礎看護学方法論Ⅷ 1 30 適切な看護を行なうための問題解決思考について学習する
臨地実習 基礎看護学実習Ⅰ 1 45 はじめて、入院患者に対し日常生活の援助を工夫しながら、看護師と共に実践する
専門分野Ⅱ 成人看護学 成人看護学総論 1 30 成人(大人)について学習する
成人看護学方法論Ⅰ 1 30 病気とともに生きる成人への看護について学習する
老年看護学 老年看護学総論 1 30 人生の先輩である老年者を理解する
小児看護学 小児看護学総論 1 30 健康な子どもたちの成長・発達に応じた関わり方を学習する
母性看護学 母性看護学総論 1 30 女性の特徴と健康問題を知る
精神看護学 精神看護学総論 1 30 人の心と体、人と人のつながりについて学習する
統合分野 看護の統合と実践 医療安全 1 15 患者の安全と看護者の安全を守るための基礎知識を学習する
合計 38 1110

2年生

2年生は実践力を磨く
いよいよ2年生 いよいよ2年生♪
2年生では、より専門的な学習が増えていきます。
1年生で手に入れた知識や技術、考え方を基盤にして、学生同士で、また先生などと一緒に、看護についてより深く考える機会が多くなってきます。
そして後半になると、実際の医療の現場での実習が始まります。
患者さまと関わりあうことで、「看護師になりたい!」という想いがさらに強くなっていくでしょう。
学校の中でも中心となる2年生の時期は、知識や経験だけでなく、人として大きく成長する時期です。
授業科目 単位 時間 内容
基礎分野 科学的思考の基盤 統計学 1 30 統計学の基本的手法を学習する
人間と生活、社会の理解 心理学Ⅱ 1 15 ストレスとコーピングに対する理解とその対処法を学習する
家族論 1 30 家族及び家族関係、さらに病気と家族の苦悩について理解し、家族への支援の方法を考える
英語Ⅱ 1 15 医療分野で汎用されている医学用語を学習する
専門基礎分野 疾病の成り立ちと回復の促進 疾病論Ⅳ (脳神経、運動器系疾患) 1 30 脳・運動器の代表的な病気について学習する
疾病論Ⅵ
(精神疾患)
1 15 心を病むとはどういうことか。脳の働きについて学習する
治療法概説
(リハビリテーション療法、放射線療法、手術療法、臨床検査)
1 30 各病気に共通する治療、検査について学習する
健康支援と社会保障制度 社会福祉Ⅰ 2 30 社会福祉の概要を理解し、諸制度、諸機関との連携について学習する
専門分野Ⅰ 基礎看護学 基礎看護学方法論Ⅶ 1 45 診て、聴いて、触れて、身体に何が起こっているかを考える
臨地実習 基礎看護学 基礎看護学実習Ⅱ 2 90 はじめて受け持ち患者を持ち、自らが計画した看護を看護師と共に実践する
専門分野Ⅱ 成人看護学 成人看護学方法論Ⅱ 1 30 病気から回復していく成人への看護を学習する
成人看護学方法論Ⅲ 1 45 急に病気になったり、手術をする成人への看護について学習する
成人看護学方法論Ⅳ 1 15 人生の終息を迎える成人への看護について学習する
成人看護学方法論Ⅴ 1 45 成人への看護を行なうための思考プロセスと、看護技術について学習する
老年看護学 老年看護学方法論Ⅰ 1 30 加齢に伴う身体と心の変化の理解と援助の方法について学習する
老年看護学方法論Ⅱ 1 45 健康障害を持つ老年者の理解と援助方法について学習する
小児看護学 小児看護学方法論Ⅰ 1 30 病気になった子どもたちを助けるための技術を学習する
小児看護学方法論Ⅱ 11 45 子どもたちがよくかかる病気を理解し、その対応を学習する
母性看護学 母性看護学方法論Ⅰ 1 45 正常な妊娠~出産までと、新生児について学習する
精神看護学 精神看護学方法論Ⅰ 1 30 精神病を抱えると生きづらくなる、ということはどういうことかを考える
精神看護学方法論Ⅱ 1 30 楽に生活するために、援助することを学習する
臨地実習 成人看護学 回復期実習 1 90 病気から回復していく成人への看護を看護師と共に実践する
老年看護学 老年看護学実習Ⅰ 1 45 施設で生活している老年者の看護を看護師と共に実践する
小児
看護学
小児看護学実習Ⅰ 1 45 保育所実習を通して、健康な子どもとの関わりを体験する
小児看護学実習Ⅱ 1 45 入院している子ども達と接し、病気の子どもへの対応を体験する
精神看護学 精神看護学実習 2 90 精神病を抱えた人と意識的にコミュニケ―ション技術を使って関わり、自己を知ることでより良い関係つくりができることを体験する
統合分野 在宅看護論 在宅看護論総論 1 30 在宅で療養することについて、その全体を理解し、保健医療福祉の仕組みを学習する
在宅看護論方法論Ⅰ 1 30 療養者とその家族の「生活すること」を支えるための在宅における基本的援助技術を学習する
合計 36 1095

3年生

3年生は総まとめ!国家試験へ
目指せ!国家試験へ! 目指せ!国家試験へ!
3年生は看護の実践能力を育てる時期です。
今まで学習したことをさらに深め、どんなシチュエーションでも適切に判断し、行動できるようになることが求められてきます。
そこで約5ヶ月間、さまざまな施設で実習を行います。
実習を通し、プロとしての態度や振る舞いを身につけ、経験するさまざまな出来事から、看護に対する自分の考えをしっかり持つことができます。
そして、最後のハードルである看護師国家試験合格に向けて、主体的に取り組んでいきます。
授業科目 単位 時間 内容
基礎分野 人間と生活、社会の理解 健康スポーツ学 1 30 ソフトバレーボールやテニスなどを楽しみながら、運動・スポーツを中心とした健康との 関連や必要性について学習する
専門基礎分野 疾病の成り立ちと促進 疾病論Ⅵ
(眼、耳鼻咽喉、皮膚、歯・口腔疾患アレルギー、膠原病、感染症)
1 30 様々な病気についての検査・治療などを学習する
健康支援と社会保障制度 関係法規 1 15 看護に関係する法律について学習する
社会福祉Ⅱ 1 15 社会福祉行政の具体的な事例から看護師の役割を考える
専門分野Ⅰ 基礎看護学 基礎看護学方法論Ⅸ 1 15 私たちの看護に対する探求心を解決するための方法を知る
専門分野Ⅱ 母性看護学 母性看護学方法論Ⅱ 1 30 異常な妊娠~出産までと、新生児について学習する
臨地実習 成人看護学 健康支援・慢性期実習 2 90 病気とともに生きる成人への看護を看護師と共に実践する
急性期・終末期実習 2 90 急に病気になったり、手術をする成人、また人生の終息を迎える成人への看護を看護師と共に実践する
老年看護学 老年看護学実習Ⅱ 1 45 日常生活に障害のある老年者の自律に向けた看護を看護師と共に実践する
老年看護学実習Ⅲ 2 90 入院している老年者の病態を踏まえた看護を看護師と共に実践する
母性看護学 母性看護学実習 2 90 学内で学習したことを病院や施設で見学・実施してみる
統合分野 在宅看護論 在宅看護論方法論Ⅱ 1 30 在宅療養を開始される時期から最期を迎えるまでの各段階での関わり方を学習する
看護の統合と実践 看護管理 1 15 看護活動を支えるヒト・モノ・カネ・情報の管理の基礎を学習する
災害看護 1 15 地震や津波などの災害時における看護師の活動について学習する
看護技術の統合 1 30 知識・技術・態度を統合し、シミュレーションを通して、状況に応じた対応を検討する
臨地実習 在宅看護論 在宅看護論実習Ⅰ 1 45 自宅で療養されている方々を地域で支援するサービスを体験する
在宅看護論実習Ⅱ 1 45 訪問看護師に同行し、自宅における援助方法を体験する
看護の統合と実践 統合実習 2 90 手術室や集中治療室での看護、病棟での複数患者の受け持ちや夜間勤務を看護師と 共に実践する
合計 23 810

主な学校施設

看護師になるために、心と技を磨く。
すべての空間が、想いを育てる環境です。

主な臨地実習施設

宗像水光会総合病院(福津市)
宗像医師会病院(宗像市)
済生会八幡総合病院(北九州市)
福間病院(福津市)
介護老人保健施設 水光苑(福津市)
福津市内の保育園(福津市)
近隣の小児科クリニック(福津市、宗像市)
特別養護老人ホーム津屋崎園(福津市)
特別養護老人ホームむなかた(宗像市)
鞍手乳児院(鞍手郡)
訪問看護ステーション(宗像市、福津市、古賀市)

他、福津市、宗像市近隣の施設
本校は平成29年4月より「専門実践教育訓練給付制度」指定校となりました。
本校は平成29年4月より「専門実践教育訓練給付制度」指定校となりました。
宗像水光会総合病院
水光会総合リハ・フィットネスセンター
桃栗会
宗像水光会総合病院
水光会総合リハ・フィットネスセンター
桃栗会